日本抗加齢協会 九州支部 Kyushu-shibu

新着情報

休業のお知らせ

誠に恐れ入りますが3月18日(月)は学会業務のため休業とさせていただきます。
19日(火)より通常通り営業いたします。
大変ご迷惑をお掛けいたしますが、何卒ご了承いただきますようお願い申し上げます。

日本抗加齢協会 九州支部
 
第1回日本抗加齢協会 九州支部 市民公開講座を2019年3月17日(日)に開催いたします

理事会

日本抗加齢協会 九州支部

  支部長  大慈弥 裕之
           (福岡大学 形成外科)

   副支部長 尾池 雄一 
              (熊本大学 分子遺伝学)

   副支部長 柳瀬 敏彦 
              (福岡大学 内分泌糖尿病内科)

会則

1章      総則

 第1条(名称)

  「日本抗加齢協会九州支部」と称する。(以下九州支部)

 第2条(事務局)

  九州支部の事務局は、福岡市中央区舞鶴3-1-272理研ビル2F 

株式会社日本ジーニス内に置く。

 

第2章        目的および事業

 第3条(目的)

  九州支部は「抗加齢」に関する医学や医療が地域に正しく理解され、健全に発展するように支援し、「抗加齢」に関する医学や医療の振興普及を通じ、人々の健康と生きがいの増進に貢献する事を目的とする。

 第4条(事業)

    九州支部は第3条の目的を達成するために、「日本抗加齢医学会九州地方会」と連携し、「抗加齢」の研究・サービスが健全に発展し、地域社会がそれを安全且つ適正に享受できるよう、事業を推進する。

九州支部の目的を達成すべく次の事業を行うことができる。

(1)研究発表会・情報交換会・セミナーの開催

(2)電子書籍を含む書籍の発刊

(3)情報共有webサイトの開発

(4)その他目的を達成するために必要な事項

 

第3章        役員

5条(役員)

九州支部には、次の役員を置く。

(1)支部長   1

(2)副支部長  2

(3)理事    若干名

(4)顧問    若干名

6条(支部長の職務)

支部長は、理事の中より選出され、九州支部を代表して九州支部を運営する。

支部長は、退任の際、次期支部長を新規に推薦し、理事会の議を経て決定する。

支部長は、理事会を組織し、九州支部の事業目的に係る事項について議決し、執行する。

 

 第7条(副支部長)

  副支部長は、支部長の推薦により理事会の議を経て決定する。

8条(理事)

理事は、理事2名以上の推薦により、理事会の議を経て決定する。

企業の場合は、「特定非営利法人日本抗加齢協会」と「日本抗加齢医学会 九州地方会」賛助会員の資格を持つことを条件として加える。

9条(顧問の職務)

九州支部に大きな貢献のあった者を顧問とすることができる。

顧問を委嘱するにあたっては、理事会の議を経て決定する。

顧問は、理事会に出席して意見を述べることができる。

 

第4章        理事会

10条(理事会の構成等)

理事会は、支部長、副支部長と理事で構成され、議長は支部長が行う。

理事会は九州支部の議決機関とし、原則として年1回開催する。

理事会は、理事あるいは理事の代理人の3分の2の出席をもって成立する。

理事会の決議は、出席者の過半数をもって決する。ただし、他の理事を代理人として表決を委任した者は、出席者と見なす。

11条(理事会の議決事項)

事業計画(開催日時等)、事業報告および会計報告

役員の推薦、変更

会則の変更

その他、事業目的に係わること

 

第5章        会計

12条(収支)

九州支部の収入は、寄付およびその他の費用をもって支弁する。

事務局は、会計年度終了後、次回の理事会でその収支を報告する。なお、剰余金は翌年度に繰越すものとする。

13条(会計年度)

九州支部の会計年度は、毎年11日から同年1231日とする。

附則

本会則は2018年9月17日から施行する。

事務局

(株)日本ジ―ニス
 〒810-0073 福岡市中央区舞鶴3丁目1-27 第2理研ビル2F
  TEL 092-406-2457  FAX 092-406-2467
  E-mail:jaam-kyusyu@zenith-j.co.jpclear
ページ最上部へ